校長挨拶/校長 山本正道

語学だけでなく日本人の考え方や文化を学びながら、『日本語のぬくもり』を感じられる教育を

あなたは何のために日本語を学びますか。
私たちの学校がある京都は日本の中で、古都・文化の町・大学の町・世界の先端企業が集中している街と呼ばれています。
本校はその市内に建っている学校です。

今、日本語学校は新しい時代を迎え、その真価を問われています。その中、私たち京都民際日本語学校は、日本語教育を通じて言葉の意味や情報をただ伝えることだけでなく、日本人の考えや文化、普段の暮らしを一緒に学び、日本語のぬくもりを感じられる生きた日本語教育を目指しています。

これまでに培ってきた国際交流、ボランティア活動の経験を生かし、日本と皆さんの国、また、民族との相互理解を深めるために、貢献をしていきたいと考えています。

京都民際日本語学校学校概要

学校概要-school profile

学校外観
創立
2001年10月
教員
12名
職員
4名
定員
162名
所在地
〒615-0881 京都府京都市右京区西京極北大入町69
Tel075-316-0190 Fax.075-316-0191
E-mail: office@kyotominsai.co.jp

スタッフ-staff

日本語講師スタッフ

<京都民際日本語学校のスタッフについて>

京都民際日本語学校にはユニークなスタッフが集まっています。
例えば、理事長は建築士(シビルエンジニア)の資格を有し理学系のスペシャリストです。市民オペラグループを主催するなど芸術分野においての知識も豊富です。
事務長は国体の馬術や器械体操の選手の経歴を持つだけでなく、書道や京都の伝統文化にも造詣が深いです。
その他にも、茶道、卓球、薬学、生物学などの得意分野を持つ優れたスタッフがたくさんいます。
中国語、英語、タイ語、ベトナム語をはじめ多くの言語に対応したスタッフも揃っているので安心して学習に取り組んでください。

日本語講師スタッフ

アクセスマップ-access map

京都民際日本語学校アクセスマップ
JR京都駅より   阪急電車で
京都市バス73系統 「光華学園前」下車 徒歩5分
京都バス81系統 「北大入町」下車 徒歩30秒
  阪急京都線「西京極駅」下車 徒歩10分

京都民際日本語学校教育目標

教育目標01
当校では入学時にプレイスメントテストを行い、その結果によりクラス編成を行います。
授業は日本語のみで行いますが、全く日本語のわからない学生にも初歩から行き届いた指導を行います。
教育目標02
初級では、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4つの技能について基礎から確実に積み上げていきます。
基本文型、日常的な会話、簡単な文の読み書きを習得します。
教育目標03
中級では、初級で学習した文型・文法事項を整理し、より語彙力を高め、高度な文法表現を習得します。
中上級では、上級への準備段階として、読解を中心により複雑な場面での会話能力、レポート・論文等の書き方の基礎を習得していきます。
教育目標04
上級では、大学などの高等教育機関への進学準備として専門分野の学習や高度な研究が可能な程度まで、日本語運用能力を高めていきます。
文学作品・評論・時事的なものが鑑賞できたり、レポート・論文を書くのに必要な文章構成力が習得できるよう学習します。

京都民際日本語学校到達目標

 
短い文が読める。 ひらがな・カタカナ漢字300字。簡単な手紙・作文が書ける。 駅のアナウンスなど、
日常生活に必要な情報が聞きとれる。
日常生活に必要な会話ができる。
まとまった量の文章(加工されたもの)が読める。 漢字750字。手紙・簡単なレポートが書ける。 まとまった量の自然な会話を聞いて内容を理解できる。 まとまった談話ができ、意見が述べられる。
簡単な内容の新聞記事、
論説文、小説が読める。
漢字1000字。段落に分け、まとまった量の文が書ける。必要に応じた文体の書き分けができる。
複数人数の対話を聞いて内容を理解できる。 説得力のある説明ができる。
社説や論文を読んで要点をまとめることができる。 専門的な内容の論文が書ける。 ニュースや講義など、長時間にわたる情報を聞いて、要点をまとめることができる
抽象的な内容の話が長時間にわたり自然にできる。
漢字2000字以上。総合的な能力の向上に努め、日本人社会に適応できるレベルを目指す。

Copyright (c) Kyoto Minsai Japanese Language School. All Rights Reserved.