MINSAI BLOG

カレンダー

2007年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のエントリー

このブログのフィードを取得

« 秋 | MINSAI BLOG TOP | 校外学習 »

Comment...

Blogにコメントされるときは、この記事のコメントをお使い下さい。

コメントするときの注意...
このBlogはたくさんの人が読みます。下記のことに注意して書き込んでください。

・広告、宣伝行為は禁止です。
・個人または学校な特定できる人・物・団体・国などに対しての誹謗、中傷も禁止です。
・その他、日本語学校のBlogに合わない内容など

上記以外にも、こちらで判断した結果、コメント自体を削除する場合があります。

皆さん、民際Blogを楽しく読めるものにしてください。
おねがいします。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (10)
Y:

携帯からもコメントできるんですね。

U:

こんにちは。
3月28日に退職した梅本です(^^)

6年間、お世話になり、本当にいろいろとありがとうございました。
理事長、事務長、民際でご一緒できた先生方、事務の皆様に感謝
の気持ちでいっぱいです。

3月は、学校がバタバタと忙しかったにもかかわらず、
卒業式、送別会、そして最後の日と、先生方や学生たちが
水面下で準備してくださった様々な演出は、
本当に忘れられないステキな思い出となりました。

いろいろなことがありましたが、
民際で教えられて、本当によかったし、楽しかったです。
民際は個性豊かな先生が多く、
行事ごとの多い楽しい学校だと思います。

私事ですが、お腹の赤ちゃんは9ヶ月目の半ばを過ぎ、
お腹の重みもずっしり感じるようになり、赤ちゃんの動きも
ますます激しくなってきました。
5月9日の予定日を待てない気がします・・・。
しばらくは、お腹の赤ちゃんと民際のブログでも見ながら、ゆったり
過ごしたいと思います(^^)

学校は、今日から新たに忙しい日々が始まると思いますが、
まずは無事に新学期のスタートが切れることを心より
祈っています。

最後に・・・6年間本当にありがとうございました!!

U:

こんにちは。
梅本です。

学校は新学期の授業がスタートして、2週目ですね。
新入生が続々と来日して、毎日忙しい日々が続いているかと
思います。
学生たちは、新しいクラスに慣れ始めた頃でしょうか。
先生方、クラスが落ち着くまで、バタバタとした日々が
しばらく続いて大変だと思いますが、なんとか乗り切ってください!

私は、おととい、2004年度卒業生のタイのダウさんとサクさん、
元民際の先生尚美先生と会いました。
(民際で3人を知っている人も少なくなりましたね・・・。)
我が家で、ダウさんがタイから極秘で持ってきてくれた
極上マンゴーをいただきました。
サクさんは、最後の30分、気持ちよさそうに昼寝をしていました。
久しぶりの再会でしたが、元気そうな顔が見れて、よかったです。

ところで、お腹の赤ちゃんですが、臨月に入っているんですが、
どうも既に3000gはあるそうです。
ビッグな女の子が生まれそうです。

u:

こんにちは。
梅本です。

改めまして、報告です。
4月28日、予定日より11日早く、3280gの元気な女の子を
出産しました。名前は美乃亜(みのあ)です。私達夫婦で今まで
行った思い出の旅行先とゆかりのある名前をつけたいと思い、
旅行先の一つであるギリシアのクレタ島で発祥したミノア文明から
つけました。「みのあ」という響きもかわいいと思ったので。

5月2日に退院し、1ヶ月ほど、実家で過ごす予定です。
娘が早く生まれてくれたおかげで、GWは家族とゆっくり過ごせました。

出産は、想像をはるかに超えた経験でした。
立ち会った夫の「髪の毛見えてる!頭出てきた!」という声と、
助産師さんの指示をできるかぎり聞きながら、最後は
「ちょっと休もう。次まで待とう。」という助産師さんの指示を
振り切り、いきんだら、ニョロ〜と娘が出てきてくれました。
夫によると、頭から横向きに生まれてきたそうです。
夜中3時に始まった陣痛から約9時間後に出産できたので、
結果的には安産だったようです。

親バカを承知で言いますが、本当にカワイイです。
生まれた日から10日経ちますが、毎日顔が変わります。
この2.3日で、なんとなく顔立ちが落ち着いてきましたが、
どうも夫の家系の顔のようです。私は、少し私に似ているような
気がしていたんですが、自分の家族全員から全然似ていないと
言われたので、多分そうなんだと思います。(T T)

写真を送りたいんですが、送り方がわからなかったので、
送れませんでした。
では、落ち着いたら、学校に遊びに行かせていただきます。

梅本 美樹

k:

おめでとうございます。
安産でよかったですね。
落ち着いたら、ぜひ美乃亜ちゃんと学校に親バカ自慢に来てくださいね。(^−^)
楽しみにしています。

このブログ、コメントに写真はつけられないんです...
残念です...

でも、学校のメールに送っていただければみんな見ることができますし、こちらからブログに載せることができます。(許可していただけるなら...)

また、コメントお待ちしています。

U:

こんにちは。
またまた梅本です。

ブログのコメントコーナー、梅本の妊娠出産報告日記みたいに
なってますね。

娘が生まれて、もうすぐ1ヶ月になります。
早いものですね。
こんなに一日一日が大切に思えたことはないような気がします。

一ヵ月前の出産当日の記憶が色あせないうちに、
出産当日の様子を思い出しながら少し報告したいと思います。

4月27日 夜、食事中にいつもと違うだるい腰痛が数回ありました。前駆陣痛だったと思います。

28日 午前3時、陣痛で目が覚めました。陣痛が10分間隔に
なったら病院に電話することになっていたんですが、私の場合、
初めから10分間隔でした。しかし、私はもう少し電話を待とうと
思い、午前5時頃まで、横になったり、立ったり、体勢を変えながら
陣痛をまぎらわしていたんですが、いざ電話をかけようと思ったら、
陣痛の間隔がかなり短くなっていて、トイレに入った後、陣痛の
辛さのあまり、トイレから動けなくなってしまい、2時間程、トイレで
じっとしていました。というより、もだえていました。少し落ち着き、
トイレから出られる状態となり、入院準備をし始めた頃、破水。
結局病院に電話をかけたのは午前7時頃でした。出勤前だった
夫に病院まで送ってもらい、病院に着いたのは7時半頃でした。

文が意外と長くなってしまったので、今回は出産当日前編のここまでにしておきます。
次回、出産当日後編をお送りします。お楽しみに!
(お楽しみに!といっても、このブログ、どのくらいの人が目を
通しているんでしょう?)

U:

こんにちは。
梅本です。
先週、娘は早くも1ヶ月を迎え、日曜日はお宮参りに
行ってきました。子供が生まれると、いろいろと行事ごとが
あるものですね。
最近、よく眠くなります。育児疲れ?でしょうか。
といっても、娘は毎晩よく寝てくれるので、睡眠時間は
出産前と同じくらいは確保できています。新生児の赤ちゃんは
3時間おきくらいで起きることが多いようなんですが、
娘はたいてい晩は4〜7時間くらいは寝てくれるので、
非常に助かっています。

さて、ここからは出産当日の様子後編です。
午前7時半頃、病院に着いたんですが、何分かおきにやってくる
陣痛のせいで、駐車場から病院入口までの20mほどの距離が
とても長く感じました。受付で名前を言って、分娩室に向かうまでの
道も、陣痛の波がくるたびにハーハー言いながら止まっていたので
なんでもない距離が本当に長く感じました。
分娩室に入った時には陣痛の間隔が5分おきになっていました。
助産師さんに「(初産は時間がかかるので、出産は)夕方ごろ
目標に頑張ろう。日付が変わるまでには生みたいね。」と
言われました。その時点でかなり陣痛が辛かったので、
夕方までこの陣痛が続くと思っただけで、正直耐えられないと
思いました。そして、出産に立ち会う予定の夫は、午後仕事のメドが立ったら戻ることになり職場に向かいました。
その間は、入れ替わり立ち代わり助産師さんがついてくれて、
話をしたり、腰をさすってもらったりして出来る限りリラックスして
過ごしました。朝食が出たんですが、あまり食欲が進まず、
半分ほど食べて残しました。
途中から夫の両親も来てくれました。その間も、もちろん陣痛は
常時来ていて、揺れるイスに座ったり、さすってもらったりしながら
陣痛の痛みを和らげようとしましたが、本当に辛いものでした。

またまた、予想以上に長い文になってしまったので、今回は
ここまでにします。次回こそ、出産当日の様子完結編にしたいと
思います。(そんなに期待を持たせて引っ張るような内容でも
ないんですが、読む人が疲れるような長い文もよくないと
思うので・・・。)

次回に続く・・・

U:

こんにちは。
梅本です。

美乃亜は、今よく寝ているんですが、寝ながら実によく移動します。
ベッドの中央に寝かせても、気がついたら端まで動いているので、
柵から手足が出ていて、早くこの柵から出して〜と言っているようにも見えます。

では、ここから出産当日の様子完結編です。
陣痛の合間に、トイレに入ったんですが、再び朝方と同じように
辛くて動けなくなってしまい、30分ほど閉じこもったままでした。
その後、分娩台に戻り、リラックスするためにかけてもらっていた
BGMのクラシックを聞くのですが、陣痛から逃れたくて、早く
生まれて〜という気持ちと、陣痛の合間に次の波はいつ来るか、
という緊張感であまりリラックスできませんでした。
助産師さんにテレビでも見てリラックスする?と言われましたが、
とてもそんな気にはなれず、逆に陣痛に気持ちを集中させたい
気分でした。
朝、入院してから何度か子宮口の開き具合等のチェックが
あったんですが、入院直後3cmだった子宮口は、チェックのたびに
5cm、8cmとハイペースで開いていきました。

すみません!娘が呼んでいるので、今回はここまでにします。
また、中途半端なところで終わってしまいましたが、
次回こそ、(多分)本当の完結編にしたいと思います。(多分)

さらに続く・・・

U:

こんにちは。
梅本です。
早速ですが、今日こそ、多分完結編です。
夕方以降だと思われていた出産予定時刻は、
陣痛の進みが早い私の様子と、ハイペースな子宮口の開き方を
見た助産師さんが、早まりそうだと言っていました。
そして、夫が11時ごろ駆けつけてくれました。
ずっと手を握ってくれ、時々水分を補給してくれました。
陣痛の間隔が狭くなってからは、びっくりするほど喉が渇き、
口全体が乾燥した感じでした。友人から「痛い」と言ったら
本当に痛くなると言われていたので、ずっと「アーアー」「ウーウー」
と言っていました。汗は出るんですが、暑さは感じませんでした。
出産前は「いきむ」ってどんな感じなんだろうと思っていましたが、
子宮口10cm(全開)と聞いた頃は、いきまずにはいられませんでした。もう、とにかく早く生まれて〜 出てきて〜 それだけでした。
一番力を入れていきみやすい体勢を探し、横に向いたりもしたんですが、仰向けが一番力を入れることができました。
助産師さんが赤ちゃんを受ける台を用意し始め、にわかに
慌しくなってきたので、もう近いんだなということがわかりました。
「頭が見えてるよ。」と言われてからが大変でした。
頭が見えてるなら、あと少しの我慢かと思っていたら、
「ここからが長いからね。」と言われ、どうしようかと思いました。
それから、何度かいきみましたが、出そうで出ない状態が続き、
ずっと助産師さんと夫が、頭や髪が見えてるとか、呼吸や
いきむタイミングを言ってくれました。
途中、「赤ちゃん、鏡で見てみる?」と言われましたが、
とんでもないと思いました。そんな余裕はありませんでした。
最後は、自分で膝を後ろから抱え込む体勢で、5.6回いきんで、
もうこれで生まれなかったら、我慢できない!と思って、
ンーーーーーといきんだら、娘がニョロ〜と出てきてくれました。
もう少しリアルに表現させてもらうと、ドバーッと出てきました。
体内に蓄積されていたものが、一気に流れ出る感じで、
私には、その瞬間だけは時間がゆっくり流れているように感じました。

以上が出産の瞬間までの完結編です。なんとか完結できました。だいぶ長くなってしまいましたが・・・。できれば出産後のことも、いずれ報告したいと思います。

U:

梅本です。

先日は、成績つけのお忙しい時期にお邪魔しました。
学生も含め、みなさんに久々にお会いできて嬉しかったです。
美乃亜はほとんど寝ていましたが・・・。

娘は3ヶ月を過ぎ、体重は6.2kgに増えました。
母乳だけで、よくこんなに大きくなるものだなと思います。
赤ちゃんってすごいですね。
毎日抱っこしていると、わからないものですが、
しっかり成長してくれているようです。
最近は、泣きかたや声の出し方のバージョンが増えてきて、
お腹がすいているとき、抱っこしてほしいとき、眠いとき、など、
なんとなくこちらもわかるようになってきました。

私自身も、産後から今にいたるまで、特に体調を崩すことなく、
ここまで順調に来ています。気になる体型ですが、
お腹の肉は、確かに出産前と比べると、フニャフニャになった
ような気はしますが、暑くてとてもガードルをつけて
お腹を引っ込めようという気にはとてもなりません。
出産までに10kg増えた体重は、2ヶ月ほどで、元に戻りました。
今は、食べても食べても増えないので、元の体重より減ってきました。
母乳でどんどん減っているみたいで、母乳パワー、恐るべしです。

また、涼しくなった頃に、遊びに行かせていただきます。
その頃には、首が座ってもう少し抱きやすくなっていると思います。
次回は、理事長、事務長、美乃亜を抱っこしてください(^^)

それでは、みなさま、暑さ厳しい折、お体にお気をつけください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(スタイル用のHTMLタグが使えます)

Copyright (c) Kyoto Minsai Japanese Language School. All Rights Reserved.