MINSAI BLOG

カレンダー

2010年8月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のエントリー

このブログのフィードを取得

2010年8月

« 2010年7月 | MINSAI BLOG TOP | 2010年9月 »

ホームステイ先募集について

2010年8月 3日

 本校では、ホームステイの受け入れ先となるホストファミリーを募集しています。学生たちは英語を話すことができ、日本語は多少勉強してから来日します。この機会に、外国人学生との交流をしてみたいという方、お知り合いの方などがいらっしゃいましたら、お問い合わせ、ご連絡を学校までお願いいたします。

 尚、学生の滞在一泊(朝・夕2食)につき、3000円をお支払いいたします。期間などについてはお問い合わせください。また、ホームステイの学生が通う校舎が主に西大路御池近くの校舎になりますので、学校の最寄駅が地下鉄「西大路御池」、阪急「西院」、京福「西大路三条」となります。西大路三条から30分以内で通える範囲で、学生にプライベートルームを提供することが可能だという方がいらっしゃいましたら、ご連絡をよろしくお願いいたします。

 詳細につきましては、本校の事務(075)316-0190にお聞きください。

 

We are currently looking for Homestay families. All students can speak English and have a  Japanese learning experience. If you are interested in having international students, or if you know any families who are interested in becoming a Host families, please contact the school. We pay 3000 yen per night including 2 meals (breafast and dinner).

If you have any inquiries, Please contact the school. Most of the students attend our school which is located near Nishioji-oike. The nearest stations are "Nishioji-oike", Hankyu "Saiin", or Keihuku"Nishioji-Sanjyo". Any family who lives within 30 minutes of Nishioji-Sannjyo and has a seperate space where students can stay, please get in touch. For more information: School administrator (Tel) 075-316-0190 Thank you.

 

中国語圏観光客のおもてなしセミナー

2010年8月10日

 みなさんは、2010年7月1日より、中国人向け日本個人旅行ビザの取得制限が緩和されたのをご存知ですか。最近、デパートや家電量販店でよく見かけるようになった中国人旅行客。昨年の中国人旅行客は101万人。それがこのビザの取得規制緩和により、ビザの発行数が倍増し、2016年には600万人を誘致しようという目標を立てているそうです。

 それに伴い、京都を代表する観光地嵐山で先日「中国語圏観光客のおもてなしセミナー」が開かれ、本校から中国人学生3人、職員2名がオブザーバーとして参加してきました。(最近増えてきた中国人旅行客に対応するため、本校学生も嵐山でアルバイトをしています。)同志社大学大学院の学生さん主導の下、嵐山商店街のみなさんと留学生がお互い「中国人の不思議」「日本人の不思議」を話し合うことで、お互いを理解し、真のおもてなしとは何かを一緒に考えました。

 その中から少しご紹介します。

 

[日本人の考え]中国人旅行客は私有地にむやみに入って写真を撮る

                  ↕

[中国人の考え]そこにきれいなもの、すばらしいものがあるから。悪気はない。

 

 

[日本人の考え]中国人の声の大きさがちょっと・・・。

                  ↕

[中国人の考え]人口が多く、常に周りに人がたくさんいるため必然的にみんなが大きい声で話す。怒っているわけではない。

 

 

 

 他にもいろいろな意見が出て、、お互いに「ふーん」「へえ!」の連続でした。

 文化が違うからといって、線を引き一歩引いてしまうのではなく、「どうして?」という視点からその国の文化や考え方に触れてみるとまた違った発見や行動が生まれるかもしれませんね! 

 

Do you know about the changing regulations regarding the Chinese tourist visa? It got easier for Chinese people to visit Japan. Japan had 101 million Chinese tourists last year and we are trying to attract 606 millions Chinese tourists by 2016. Because of this, a Welcome Chinese tourist seminar was held at Arashiyama which is one of the famous tourist places in Kyoto. Three students from China and two school staff members joined this seminar to observe. People from the Ayashiyama shopping district and students had a discussion about the issue of Japanese people and Chinese people trying to understand each other more. It was good opportunity to think what true hospitality is. Here are some examples,

 

Japanese thought: Chinese tourists go into private properties and take photos

Chinese thought: No offence!  Because there is beautiful things and wonderful things.

Japanese thought: Chinese people talk loud.

Chinese thought: Because of China's population, there are always many people around us so we have to talk loud to communicate each other. We are not mad!

 

There were many other things we talked about and we were like "I see." " hmmmmm" all the time. We believe that it is important to go ask profound questions regarding other cultures. Asking questions is often more important than thinking to have found the right answer.

 

防犯・交通指導

2010年8月19日

 本校の学生たちの多くは自転車を利用して通学しています。学校の職員も日頃から学生たちに交通ルールを守って注意するよう呼びかけていますが、この交通指導の授業は改めて気を引き締める機会になります。

 毎年、夏に行われる右京警察の方たちによる防犯・交通指導。ひったくり対策や身分証明証の携帯について、自転車に乗るときの注意などを説明してくださいました。また今年は、大学生のボランティアグループも参加されました。事故やひったくりなどについて実演しながら話してくださったので、学生たちもわかりやすかったようです。

 ルールをきちんと守って、楽しい生活を送りましょう!

 

Everyday many students come to our school by bicycle. Normally the school staff tell the students about the bicycle rules in Japan, but today was different! During the traffic guidance session a police officer visited us. He also talked about holding important identification documents, and safety rules for riding a bicycle. Volunteers from the University joined us too. Let's follow the rules and enjoy the life here!

 

 

 

 

 

 

20100818003.JPG 

 

 

 

大連の大学生

2010年8月17日

 夏休み、大連交通大学信息工程学院から17名の学生たちがやって来ました。7~8月の約1か月間、日本語を学びながら、日本での生活体験を楽しみました。

 コース最終日に行われた修了式で一人一人発表した感想文には、京都や奈良の寺社めぐり、花火大会、カラオケ、ショッピングなどに忙しく、楽しく過ごした1か月の思い出がつづられていました。

「京都はきれいです」「交通が便利です」「日本人は親切です」・・・学生たちは初めての日本にこんな印象をもったようです。

 「もう一度京都へ来たい」と書いてくれた学生もたくさんいましたね。いつでも待っていますよ!また会いましょう。

 

During the summer holiday, seventeen students from Dalian, China, came to our school. They learned the Japanese language and enjoyed the life here for a month in July and August. In their speech at graduation ceremony, many students mentioned how much fun they had when they went to temples and shrines in Kyoto and Nara, Fireworks, Karaoke, and shopping. Kyoto is beautiful place, Japan has convenient transportation, Japanese people is kind... these were their impressions and feelings about Japan. Many students hope to come back here one day and we are looking forward to seeing them again.

 

 

20100817001.JPG

Copyright (c) Kyoto Minsai Japanese Language School. All Rights Reserved.