MINSAI BLOG

カレンダー

2011年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のエントリー

このブログのフィードを取得

2011年7月

« 2011年6月 | MINSAI BLOG TOP | 2011年8月 »

修了式

2011年7月 1日

いつも落ち着いた雰囲気で、場を和ませてくれていた、ロシアから3ヶ月の短期で来てくれた

ヴェロニカさんが修了しました。

 

ちょうど桜が満開の日に来日し、夏本番を迎えるまで長期生といっしょに一生懸命日本語を勉強しました。

  IMG_0961.JPG  
IMG_0956.JPG   IMG_0958.JPG

 

 

修了式

2011年7月 4日

長期生として勉強していた中国の劉さんが今日修了しました。

「中国でも日本語を生かした仕事をがんばります。」という頼りがいのある言葉を忘れません。

また仕事が決まったら、連絡してくださいね。

 

IMG_0969.JPG

 
IMG_0971.JPG

短期生入学式

2011年7月 8日

7月8日、サマーコースを含めた短期生の入学式が行われました。

日本独特の文化 “ラムネ” “おにぎり” “四角いインスタントやきそば” を体験しました。

ラムネの醍醐味であるビー玉を手の平で押したあとの泡が溢れてくるのにはみんなビックリしていました。

興味がある人は日本に、京都に、民際に来てみませんか?

 

In July 8th,we had the entry ceremony  for summer course and  short term course .
all students were  experienced japanese foods such as Ramune, Onigiri, and Instant Yakisoba.
they were very surprised to see when ramune opend.
it is the best part of Ramune, much babble comes out when they push down marble on their hand .

 

    IMG_0988.JPG    
 
  IMG_0989.JPG     IMG_0991.JPG
     
  IMG_0992.JPG     IMG_0993.JPG

In July 8th,we had the entry ceremony  for summer course and  short term course .

 

歌舞伎

2011年7月11日

日本の文化に興味を持っている短期留学生のIvolgina Veronikaさんが帰国前に、

大阪松竹座で上演している、関西・歌舞伎を愛する会 第二十回、七月大歌舞伎を見る機会にあずかりました。

昼の部 は3幕ありました。


一、播州皿屋敷(ばんしゅうさらやしき)

 

二、新歌舞伎十八番の内素襖落(すおうおとし)

 

三、江戸唄情節(えどのうたなさけのひとふし)

 

歌舞伎を見に行く前日、校長先生から演目について説明をして貰ったお陰で歌舞伎をとても楽しむことができました。

昔の表現、綺麗な着物、痛快な踊りを見ていると、その時代にいるかのように感じられました。

 

一番感動した実際にあった話です…。

 

姫路城の上山里(かみのやまさと)とよばれる広場に、お菊井戸と呼ばれる古い井戸があります。

この井戸は、播州皿屋敷で知られるお菊さんゆかりの井戸でよく知られた怪談話が残されています。
 

 約450年前の室町時代中期、姫路城執権の青山鉄山(てつざん)は、城を乗っ取ろうと、城主を増位山の花見の宴で毒殺しようと企てていました。それを察した城主の忠臣、衣笠元信(きぬがさもとのぶ)は、愛人であるお菊を鉄山の屋敷に奉公させて企みを探らせ、鉄山の息子小五郎から父の陰謀を聞き出しました。
 この知らせを聞いて元信は、花見の宴で城主を毒殺しようとする鉄山の陰謀を阻止することができました。その後もお菊は、
鉄山の屋敷で動向を探り続けていましたが、鉄山の同士町坪弾四朗(ちょうのつぼだんしろう)に気づかれてしまいます。
 ところが、以前からお菊に好意を持っていた弾四朗は「黙っている代わりに自分のものになれ」とお菊に言い寄りました。
しかし、お菊はその条件を聞き入れず、弾四朗に折檻されます。それでも強情に言うことをきかないお菊を憎らしく思うようになった弾四朗は、ある日、お菊が預かる家宝の十枚の皿うち一枚を隠してその罪をお菊に負わせ、ついにお菊を切り殺し庭の井戸に投げ込みました。
 それからというもの夜ごと井戸の底から悲しげな女のか細い声で
 「一枚、二枚、三枚、四枚、五枚、六枚、七枚、八枚、九枚・・・・・」
と皿を数える声が聞こえるようになりました。

      http://www.tabian.com/tiikibetu/kinki/hyogo/himejijyo/himejijyo3.html  より

悲しい話ですがとてもよかったです。

 

びっくりしたのは、現在の歌舞伎は女性役を含めて、役者は全員男性です。そのことを分かっていても、女性役を男性が演じている事が信じられません。歌舞伎は、庶民的な楽しみなので、江戸時代でも侍が見に行くのは不可能でした。

素晴らしい歌舞伎のおどりを侍たちが見たい場合は、庶民に成り済まして見に行ったそうです。現代でも国民的な楽しみになっています。

校長先生の話しによれば、1600年頃の最初の歌舞伎の役者は女性だけ、少年だけでしたが、女性と少年の踊りが卑猥に感じられ、男性以外の歌舞伎の役は禁止になりました。現代でも役は全員男性が演じています。

 

そのあと、校長先生のすすめで「幕の内弁当」を食べました。

「幕の内弁当」は、おかずの種類も豊富で、お弁当の代表と言っても過言ではないです。

「幕の内弁当」とは、歌舞伎や演劇の演舞の合間の事を「幕の内」や「幕間(まくあい)」と言うそうで、合間のうちに食べるお弁当という事で、「幕の内弁当」となったそうです。

また、本来はお客さんが食べるのではなく、演者が食べるお弁当だったのだそうです。その名残として、ご飯がいくつかのブロック状、小さいお握り、俵状になっているお弁当を見かけますよね。あれは、お化粧などが崩れないように、口を大きく開けなくても食べられるように工夫しているそうです。

そう言われるとなんだか納得ですね。

         まだ今月27日まで上演しているので、是非一度見に行ってみてください。

                   歌舞伎って最高です。

 

 

IMGP1621.JPG   IMGP1626.JPG IMGP1640.JPG
         
IMGP1651.JPG       IMGP1642.JPG

祇園祭

2011年7月19日

今年も夏がやってきました。

 

日本三大祭りの一つと言われる祇園祭りですが、どのように始まったかみなさん知っていますか?

 

今から千年以上前の869年、疫病が流行したことから、神泉苑で初の御霊会(ごりょうえ)を行いましたが、その後も疫病の流行が続いたために牛頭天王を祀り、御霊会を行って無病息災を祈念した。このことが祇園祭の起源と言われています。

 

御霊会(ごりょうえ)とは、政治的失脚などにより思いがけない死を迎えた者の御霊(ごりょう)による祟りを防ぐための、鎮魂のための儀礼で、御霊祭とも呼ばれています。志ならずに死んだ人々の霊(御霊(ごりょう))が天災や疫病をもたらすとされていました。

 

ちなみに、もともと「まつり」という言葉は「祀る(まつる)」の名詞形で、神を祀ること、その儀式のことでした。

 

そんな悲しい出来事、祈ることから始まった「まつり」ですが、いろいろな国から来てくれた学生が浴衣に身を包んでいるのはとてもさわやかで、蒸し暑い夜を涼しくしてくれました。

 

 

2011-07-14-4377.jpg DSC_0471.JPG   2011-07-14-4374.jpg
         
IMG_2525.JPG   2011-07-14-4396.jpg   2011-07-14-4428.jpg

大原三千院

2011年7月20日

大原三千院

比叡山延暦寺の別院、天台宗門跡寺院。江戸時代には延円徳院、円融院、等と号し、梶井門跡、梨本坊等とも呼ばれ、三千院と呼ばれるようになったのは明治以後。
788年に比叡山の梨の樹のもとに円融房を立てたのが始まり。

  

ファンタジーの世界へ入り込んだような日本庭園の素晴らしさもさることながら、苔から顔を出す童地蔵(わらべじぞう)に思わず笑みがこぼれます。

 

個人的にですが、フィリパ・ピアスの小説「トムは真夜中の庭で」を彷彿させるものがあります。

 

DSC_0477.JPG DSC_0478.JPG
     
DSC_0486.JPG   DSC_0484.JPG

東大寺と奈良公園

2011年7月21日

東大寺と言えば、木造建築と金銀を施した大仏で有名で、いずれもその高さは世界一を誇る。

言わずもがな世界遺産である。

 

http://www.todaiji.or.jp/index.html

 

 

DSC02648.JPG DSC02649.JPG DSC02641.JPG
         

IMG_1049.JPG

  IMG_1051.JPG   IMG_1033.JPG

 

ちまき作りとお茶会

2011年7月22日

刺繍の館 http://yatuhasian.jp/s_kansho.html で和菓子作り体験。

この日はちまきを作りました。

そのあとは、学校恒例、茶道の作法に見惚れ、厳粛な雰囲気の中で煎茶をいただきました。

台湾から来てくれている学生2名がアシスタントになって、よくがんばってくれました。

 

IMG_10844.JPG   IMG_10855.JPG IMG_10811.JPG
         
IMG_10933.JPG  IMG_10944.JPG
         
IMG_10866.JPG     IMG_11277.JPG

                                                                                                           

                                                                                                                         

伏見稲荷大社 宵宮祭

2011年7月23日

商売の神様で有名な伏見稲荷は何度行っても素晴らしいですね。

千本稲荷の朱色も宵宮祭に灯る提灯の赤もどちらも圧巻です。

 

重軽石(おもかるいし)

それぞれの願いを胸に、持った石が予想より軽かったら願いが叶い、重かったら願いは叶わないと言われています。

みんなの願いは叶ったでしょうか???

 

 

DSC02681.JPG IMG_0011.JPG   IMG_0123.JPG
         
IMG_0034.JPG   IMG_0042.JPG   IMG_0148.JPG
         
IMG_0126.JPG     IMG_0103.JPG
         
IMG_0062.JPG   IMG_0058.JPG   IMG_0054.JPG
       
IMG_0050.JPG   IMG_0061.JPG   IMG_0065.JPG

 

貴船 流しそうめん~ate Soumen at Kawadoko in Kifune~

2011年7月25日

サマーコースの醍醐味!!

貴船の川床で流しそうめんをいただきました。

自然の中で川のせせらぎを聞きながらマイナスイオンを吸収してリフレッシュ。

お腹いっぱいになったあとは、縁結びの神様、貴船神社で「いい出会い」を願ってお祈りをしました。

 

 

It is the best part of a summer course
we ate Soumen(noodle) at Kawadoko( it is the place where you can eat on the river )
we  heard  sound of a brook and  got  much  -ion to be very refresh.
after we got full,  we went to 'kibune temple' where is dedicated to  god of marriage. We pray for meeting with a right person in the future.

 

 

IMG_0178.JPG   IMG_0216.JPG
         
  IMG_0208.JPG   DSC02696.JPG  
         
  IMG_0202.JPG   IMG_0250.JPG  
  IMG_0238.JPG  

狸谷山不動院火渡り祭~Fire walking festival in Tanukidanisan-Fudo-in Temple~

2011年7月29日

狸谷山不動院の火渡り祭。

護摩祈祷の後、燃え尽きた護摩木の上を修験者が渡る荒行が行われる。

その後、参拝者も念仏を唱えながら、素足で火床を渡り無病息災を祈る。

 

学生たちも素足になり、火渡りをしていました(熱くないですよ)。

 

Fire walking festival in Tanukidanisan-Fudo-in Temple
After a fire burning ceremony holy people walk across the coals.
Worshippers also chant  Buddhist canon to walk across it with praying for good health.
many students  took off shoes to try it. (of course, it is not hot!!!)

 

 

IMG_0292.JPG IMG_0337.JPG IMG_0356.JPG   IMG_0380.JPG
           
IMG_0301.JPG IMG_0313.JPG   CIMG1246.JPG   IMG_0525.JPG
           
IMG_0398.JPG   IMG_0407.JPG   IMG_0409.JPG   CIMG1274.JPG
           
IMG_0419.JPG     IMG_0421.JPG  
             
IMG_0429.JPG   IMG_0486.JPG   IMG_0491.JPG   IMG_0494.JPG
             
IMG_0516.JPG         IMG_0530.JPG
             
             
             
             
             
             
             
             
             
             

 

 
Worshippers also chant  Buddhist canon to walk across it with praying for good health.
many students  took off shoes to try it. (of course, it is not hot!!!)

After a fire burning ceremony holy people walk across the coals.
Fire walking festival in Tanukidanisan-Fudo-in Temple

保津川下り

2011年7月30日

トロッコ列車で亀岡へ向かい、昔から美しい景色で有名な保津川の峡谷を嵐山まで下って、2時間ほど自然と触れ合い、舟下りを体験しました。

 

 

IMG_0585.JPG IMG_0610.JPG IMG_0592.JPG
DSC02780.JPG   DSC02782.JPG   IMG_0633.JPG
IMG_0559.JPG   IMG_0535.JPG IMG_0547.JPG
       
 
         
   

 

 
         
         

彦根城

2011年7月31日

今日のサマーコースは、彦根城見学です。http://www.hikone-400th.jp/

少し歴史の勉強をしましょう。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の合戦で徳川家康率いる東軍が勝利すると、石田三成に替わり、徳川四天王の一人・井伊直政が佐和山城主となり、ここに彦根藩の基礎が築かれました。

玄宮園の見事な情景を見ていると、のんびり落ち着いた気持ちになりますね。


DSC_0111.JPG   DSC_0119.JPG
     
DSC_0113.JPG   DSC_0112.JPG
     
DSC_0116.JPG   DSC_0131.JPG
     
DSC_0124.JPG   DSC_0126.JPG
     
     

Copyright (c) Kyoto Minsai Japanese Language School. All Rights Reserved.