• 授業風景

7月期講座の演習授業風景

いまだ新型コロナウィルスの感染の威力は衰えませんが、7月7日(水)から始まった7月期講座の授業は順調に進んでいます。

受講生の皆さんは感染防止に留意しながら、教案・教材の作成、生徒同士での模擬演習と、コロナウィルスに負けることなく頑張っています。

ホワイトボードを使うだけでなく、AV機器各種も積極的に使用します。

パソコンやスマホなどの機器を駆使する人が増えた今、AV機材を使えることもこれからの教師にとっては必要な要素ですね。

演習授業の課題をこなしていくことで、少しずつ、顔つきも態度も「日本語教師」らしくなっていきます。

 

京都民際日本語学校では、現在、10月期学生を募集しております。

受講支援キャンペーンも行っておりますので、こちらのページもご覧ください。

「10月期講座 受講支援キャンペーン」(←クリックしてください)

 

また、10月24日(日)に行われる「日本語能力検定試験」の対策講座も7月24日(土)よりスタートします。

ご関心をお持ちの方は、こちらをご参照ください。

「日本語教育能力検定試験対策講座のご案内」(←クリックしてください)

 

授業見学や受講に関するご相談は随時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

 

#京都
#日本語教師
#日本語教育
#日本語教師養成講座
#420時間履修コース
#文化庁届出受理講座
#業界最短3カ月で資格取得
#模擬演習教育実習授業実施回数50回以上
#実践力が身に付く
#日本語教育能力検定試験
#教養講座
#日本語教師になりたい
#国際交流
#海外で働く
#転職準備
#手に職